創業66年、岩国市・大竹市・和木町で、新築木造注文住宅と不動産を営む地域密着型工務店「東洋建設」 お客様満足度地域一番を目指して頑張っています

営業時間

8:00~19:00
※17時以降は打ち合わせ等で、電話に出られない場合がございます

お気軽にお問合せください

0120-28-1535

東洋建設の家づくりの想い

松山市、岩国市の東洋建設の社長と息子

東洋建設の代表の藤本修と、息子で先代社長の家へ養子に行った出口泰史(ヒロフミ)です。
数ある住宅会社の中から、当社のホームページをご覧頂き有難うございます。

弊社は今年で創業61年岩国市松山市を拠点に、新築住宅とリフォームと不動産を営んでいます。


さて、このホームページをご覧になるということは、「家づくり」をお考えですか?
いづれにしても、どこかのハウスメーカーか、住宅会社か、工務店の中から「信頼できる家づくりのパートナー」を 一社選んで契約しない限り、マイホームを手に入れることはできません。
どこの会社で建てるにしても、このHPがお客様の後悔しない家づくりのお役にたてば、幸いです。

それでは、早速ですが…バナナホーム…という名前をご存知ですか?モデルハウスもあるんですよ!
「何?そんなの聞いたことないよ!変な名前を付けて、目立とうと思っているんでしょう?どうせ、中身はないんでしょう?見え見えよ!!」

目立ちたいのは山々ですが、チャンとした会社の、チャンとした家です!

今、何かの「ご縁」で、私達、東洋建設のホームページを見て頂いているのですから、 家づくりについて、分かりやすく、順を追ってお話しましょう。

  • 家族を幸せにする家づくりをしたい方
  • 家づくりで損はしたくないし、後悔したくない方
  • 価格だけで業者を決めて後悔したくない方

は、…ぜひ、ご覧になってください!

コンパクト住宅でスローライフ…
人生をゆっくり楽しみ、生活の質を高める生き方

今、時代は変わろうとしています。 新しい時代の生き方をご提案します。

  • 建物の質を維持したまま、建築コストを下げるだけでなく、家族が程よい距離で暮らすことが出来、さらに省エネにもつながり無駄な空間が無い家
  • 丁寧な暮らしと「足るを知る」新しい生活スタイルを実践する人の家
  • 小さいこと充実豊かという価値観
     
  • モノを吟味して選び長く使う、ムダをしない「省費」
    …省費をカッコイイと思う価値観
     
  • 良いものを手入れしながら長く大事に使う…「脱・住宅貧乏」
    身の丈以上の家を建て、ささやかな楽しみを我慢して、一生懸命に住宅ローンを払っても、最後に残るのは「家」だけで、自分の人生って、何だったんだろうと思うことがある。折角建てたその家は、子供が好きな仕事や人生を選ぶ時にどうなるのだろうか?
    それなら、コンパクトな家を建て、その分、家族とみんなで「人生を豊かに楽しむ」ことにお金を回せば良かったのではないだろうか?
     
  • 消費のために頑張ろうという気持ちが無い…「草食化」「嫌・消費世代」
    「いい車」「ブランド品」「大きな家」に憧れを感じない。
    自分の親世代は、モノのない時代だったのでモノの豊かさが優先し、時間的精神的な豊かさが後回しになっていたという反省。
     
  • スローライフな生き方
    • 日常の豊かさや幸せを大事にする
    • 身の丈の人生で良い、高望みをしない
    • リスクのある成長よりも安定を選ぶ
    • 小さい家は庭を広く取る豊かさ楽しさがある

住宅ローンは借金ですが、生命保険という見方が出来ます。
家賃は、永遠に払い続けなければいけませんが、住宅ローンの毎月の支払いは家賃と生命保険料を同時に払っているのと同じなのです。
従って、もし万一のことがあっても、残された家族が路頭に迷うことはありません。

しかし、住宅ローンの組み方を間違えると、ローンの重圧に苦しみ、家庭は崩壊します。
そうならないために、「コンパクト住宅でスローライフな生き方」をご提案します。

小さい家といっても、建物の質を落とす訳ではなく、ただ、無駄な空間を持たない、省スペースというだけで、決して「粗末な家」ではありません。

現在のあなたのお家は、かなりの部分が倉庫代わりになっていませんか? (これを何とかすれば、コンパクトな家で十分かもしれませんね!)
 

省スペースの家なら、省エネルギーの家になるし、モノを大切にする、無駄なモノを持たない、不要なものは捨てるという生き方、暮らし方を選択すれば、お金の掛からない快適な生活が出来ます。

このように、家にお金を掛けず、モノを大切にする生活をすれば、将来の年金不安に備えて貯蓄をすることが出来るし、人生を豊かに楽しむためにお金を使うことができる…ということです。
これが、新しい時代の行き方だと思います。

スローライフな暮らし

高額な住宅ローンのために、教育費や家族旅行、趣味などを我慢する人生なんて、何のための家づくりでしょうか?

これからの少子化、低成長時代にマッチした生き方として「コンパクトで居心地の良い家」を建て、人生を楽しみ豊かにすることにお金を使う生き方を選ばれる人が増えています。

年金不安の時代を生き抜く方法

  1. 家賃はいくら払って自分の家にはなりません。
    しかし住宅ローンの場合は、必ず自分の資産になります。
  2. 住宅ローンを組むときは生命保険も含んでいるので、万一のときはローンが、無くなった上に家が手に入るので、残された家族にとっては大きな安心です。
  3. 20年、30年後、年金生活者になった時、少ない年金の中から家賃を払って暮らしていけますか?持ち家は私設年金と同じです。
  4. 高齢者はアパートを借りにくいのをご存知ですか?

このようなことを考えたら、「無理のない住宅ローンで、コンパクト住宅を建てたほうが絶対に安心」ということで、今、とても人気があります。

(3)貴方のとって「良い家」とは?

予算に合った家

1.家づくりで一番大切なことは、資金計画です!

  1. あなたは「いい家って、どんな家ですか?」と問いかけられたなら、なんと答えますか?
    「うーん、一言で答えるのは難しい。」 そうですね。
    人それぞれに価値観や好みが違いますから、一概には言えません。でも、ひとつ確実に言えることがあります。
    それは、予算を無視してのいい家なんて有り得ないということです。

    例えば、50坪もある家で、大金をかけて最高級の自然素材や住宅設備を使えば 、自然素材の健康住宅や、太陽光発電の家、オール電化住宅、高気密高断熱住宅、ペット共生住宅になり、誰が考えてもいい家になるのは当たり前ですが、あなたの予算から掛け離れていれば、選択肢から外れます。

    最終的には、あなたの手の届く価格が一番重要で、その上で、あなたらしいデザインとしっかりとした構造の家を実現してこそ、いい家といえるのではないでしょうか。
  2. 私達、建築会社としては、大きな家、高額な家を建てて頂きたいのは山々です。
    でも、身の丈以上の家を建てたお客様がローン返済に困り、不幸にして家を手離されるケースが急増しています。

    住宅ローンを組むのはお客様の自己責任とはいっても……お客様の知識不足をカバーし、アドバイスするのが住宅営業マンの仕事です。
    • 家を建てただけでは、家族は幸せになれない。
    • 家づくりの本来の目的は、家族が楽しく豊かな人生を送ることです。家づくりが人生の目的ではない。
    • 家族が幸せに暮らす為には、やはりきちんと返済できる金額で家を建てるべき。
    • 家づくりで一番大切なのは、資産計画です。

私は、家づくりに携わる者として、このことをもっと多くの人に知ってもらいたいと考えています。

そして少なくとも、家づくりで当社とご縁のあった方には、結果的に当社で家を建てなくても、このことだけはしっかりお伝えする…
これが「私たち、家づくりに携わるプロの社会的使命」だと思います。

2.「 ゆとりある子育て 」と「豊かな人生」を送るための家づくり!

子育て世代の方へ…ゆとりある子育て

アパートのように上下階や左右の隣家の音を気にせず、伸び伸びと育てたいと思うのが「親心」です。
本当に家づくりが必要なのは、子供が大きくなって巣立つ20歳位までの「子育ての時」までですから、できれば1年でも早く建ててあげたいですね!

ただ、子育て世代は住宅以外にも、子供の成長につれて、食費や育児費、教育費(塾の月謝)、娯楽費など色々とお金が掛かります。
また、住宅ローンで家を建てても、一年に一回位は子供達をささやかな家族旅行に連れて行って、楽しい思い出を作ってやりたいし、自分も少し位はオシャレ趣味楽しみたい…それが出来ないようでは、何のための家づくり、人生かということです。

だから、シッカリと資金計画を立て「身の丈以上の家に住む不幸な家族」にならないようにしなくてはいけません。

子育てが終わった方へ…豊かな人生

一昔前は「人生50年」と言われ、育児が終わり、定年時に退職金で家を建てるのが、人生の大きな目標でした。

今は「人生80年」の時代になり、人々の意識も大きく変わり、子供を育てる事、家を建てる事だけが人生の目的ではない と意識に変わりました。
それに、一昔前は、親の家を子供が継ぐというのが普通でした。でも、時代は変わりました。
子育て後夫婦2人の長い人生を、如何に豊に過ごすかいうことも重要です。

したがって、子育て後の第二の人生に向けて家づくりをお考えのご夫婦は、老後の生活費に余裕を残しておくべきです。


もう、高い土地を買い、高額の建築費用を掛けて家を建て、住宅ローンに追われ、後々の生活が苦しくなるような家づくりをする時代ではありません。
子供達は自分のやりたい仕事を求めて、都会に出るということが多くなり、そうなると、子供が親の建てた家に住むとは限りません。

今からは、無理をせず、自分達の予算の範囲内で一番良い家を建てる…そういう時代です。

藤本修住宅ローンアドバイザー登録者証

そのためには、あなたとご家族のライフプラン資金計画そして家づくりについて真剣に考えてくれる住宅会社を見つけることが失敗しない家づくりのポイントです。

そこで、当社では「堅実な資金計画」をご提案できるように社員3名が、(財団法人)住宅金融普及協会認定の住宅ローンアドバイザーの資格を取り、資金計画についてアドバイスをさせて頂いています。

無料小冊子プレゼント

お問合せ・資料請求はこちら

ホームページをご覧いただき少しでも気になったり、相談したい場合はお気軽にお問合せ下さい。お問合せ・ご相談・資料請求はお電話・メールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 家づくりをどの様にしたらいいかわからない
  • 資金計画を相談したい
  • 自分たちに最適な家づくりがわからない

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せ・資料請求はこちら

受付時間:8:00~19:00
※17時以降は打ち合わせ等により電話に出られない場合がございます